デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayの向き合い方

デジタルサイネージ

あなたは、まだデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayについて何も知識がないのではないでしょうか。ここ数年、デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayの需要は高まるばかりです。

いま、あなたもデジタルサイネージ・digitalsignageと向き合っていなければどんどん時代に取り残されてしまうことになるでしょう。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージ・digitalsignageとは

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayが何かといえば、それは、簡単に言えば、電子看板のことです。

でも、今時、電子看板という言葉では、なんかダサいという感じもしますよね。

やっぱり、私達が求めているのは、デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayです。

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayは、電子(Digital)+ 看板(Signage)、つまりそれが「Digital Signage」なのです。

電子である必要があり、また看板である必要があるということです。

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayが、店舗や施設に設置され、いろいろな情報がそこから発信されることになります。

電飾看板ではない

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayは、電子看板という言い方は正しいですが、電飾看板ではありません。ついついそのようなものもデジタルサイネージ・digitalsignageと思ってしまう人たちもいるかもしれませんが。

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayには、ディスプレイ・displayが必要となり、また、動画映像の「コンテンツ」、管理するためのメカニズム「配信システム」が必要です。

3つがしっかり揃った段階で、それを「デジタルサイネージ・digitalsignage」ということができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました